« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月27日 (木)

手羽先欲求が充たされた満足な1日。

目の前に座っている上司が髪をショートにしてますます美しくなり、気づくと目で追ってしまっているこの頃。

40代独身女性でここまで綺麗な人はなかなかいないと思う。

この間は風邪防止のためか、ピンクのマスクをしている彼女を見て、完全に私は萌えてしまった。

そんな萌えている私に対して直属の男性上司は、「お前、菓子食べすぎじゃないか!?」と素で言ってきた。

2段目の引き出しに溢れているチョコやらプリッツやらを補充することはやめようと瞬間的に誓った。

 

今日は仕事が休み。  

この寒さのなか近所のジムまで歩き、黙々と走った。

走るっていう単純な動きでなぜこんなに気分はすっきりするのだろう。

今年はどうせなら一度10Kぐらいのマラソンに参加してもいいかもしれない。

社内でも走る人はちらほらいるし、相方もまんざらでもなさそうなので、誰かと一緒に走ってみようかな。

夕方にはネイリストの親友に爪を綺麗にしてもらった。

もともとアクセサリーやらメイクやらブランドやらにあまり興味がない私でも、やっぱり美しいネイルをしてもらうと気持ちがとても盛りあがる。女なんだと実感。

見た目も大切だけど、どこか内面から出る女性らしさというのは常に持っていたいと思う。

女性特有の柔らかさや、優しさや、強かさというのをいくつになっても持ち続けていたい。

(まぁネイルで女子心が盛り上ったあとには、そのまま手羽先にビールという完全におっさんな流れで締めくくったのだけれど。なぜ人は時折むしょうに手羽先が食べたくなるのだろうか。あのスパイスには中毒性があるに違いない。)

 

あまりに寒い日が続くので、とりあえず夏の楽しみを考えてみた。

この夏こそは、また野外フェスに行きたいと思っている。

昨年はベトナム旅行に出てしまったため、そのチャンスを逃してしまった。

まぁ、そのベトナムで生涯二度とないであろうプロポーズをされたのだから、それはそれでよかったのだけれど。

北海道のRISING SUNに行ってみたいと思っていたけれど、SUMMER SONICのラインナップを見たらかなり気持ちが揺れてしまった。

レッチリとストロークスなんて・・・大変だ、聴きたくて仕方がない。

これは相方に相談しよう、そうしよう。

まずは真面目に現実的に仕事をがんばろう。

2段目の引き出しのお菓子は半分の量にしよう。

時折手羽先にビールで乾杯しよう。

むやみに人を傷つけず、本当の意味で強く優しい、

女性になろう、そうしよう。

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

進め、進め

あけましておめでとうございます。

典型的に徹底的にだらだらとした正月を過ごしています。

今年も宜しくお願いいたします。

 

昨年と同じく、近所で除夜の鐘をついて、甘酒を頂いて、新年が始まった。

おせち料理が年々好きになっている。

永遠に続くお笑い番組をぼんやりと観続け、

箱根駅伝では、何度も涙腺がゆるんでしまった。

あと数日でまた相変わらずの忙しい毎日が始まるのかと思うとドキドキするけれど、まぁ、きっとすぐ慣れるんだろう。

新年を迎えて、武者小路実篤の詩集を読み返している。

笑えるほど前向きで明るくて力強い彼の詩は、年の始めによく似合う。

 

『進め、進め』

 

自分達は後悔なんかしていられない、

したいことが多すぎる

進め、進め。

 

麦が出来そこなった!

それもいいだろう

あとの為になる

進め、進め。

 

家が焼けた!

それもいいだろう

新しい家がたつ

進め、進め。

 

人がぬけました

仕方がない、

さらにいい人が入るだろう、

進め、進め。

 

何をしていいのかわからない!

しなければならないことを

片っぱしからしろ、忠実に。

進め、進め。

 

こんな歩き方でもいいのか。

いいのだ。

一歩でも一寸でも、信じる道を

進め、進め。

 

神がよしと見た道は

まちがいのない道だ

進め、進め。

 

兄弟姉妹の

幸福を祈って

進め、進め。

 

つい足をすべらした、

かまわない

過ちを再びするな

進め、進め。

 

後悔なんかしていられない、

したいことが多すぎる

進め、進め。

 

後悔のない毎日なんてありえない。でもそれにいちいち立ち止まってはいられず、毎日は流れていく。立ち止まる暇があるなら、前に進みたいし、今年はそんな年にしたいと思う。

楽しみです。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »