« 現実直視と現実逃避の微妙なバランス | トップページ | 理由なんてさ。 »

2010年3月20日 (土)

早朝に腹痛で起きるという最悪の目覚め。

予約していた歯医者へ行くのも面倒になってキャンセルをしてしまった。

やることもないので、『老人と海』を読み返している。

ハードボイルドです、この老人。

こんな男性がまだこの日本にいるんだろうか。いてほしいと切に願う。

外は青空が広がっていて、今日は随分気温が上がるらしい。友達の二次会へ行くのだけれど、結婚式日和だなぁと、まだ寝巻き姿のまま思っている。

 

気づけば、

というか気づいてはいたけれど、

もう春なんだ。

明日春分だし。

3月の記憶が、仕事しかないような。

それでいいんだろうか?と思う自分と、そんな時期もあっていいでしょと思う自分。

追い立てられるように仕事をしていると、やっぱりついつい全てが事務的になってきてしまうのだけれど、この間、先生から返信のあった書類に小さな手紙がつけられていた。

「いつも丁寧なご対応ありがとうございます。日々お忙しいと思いますが、お体だけは大切にされてください。何かお手伝いできることがございましたらいつでもおっしゃってくださいね。」

びゅんびゅんと過ぎていく時間があって、自分もそれにならって走っていかなきゃと焦る日々。

だけど、こうした小さな優しい言葉に、はたと止められる。止まることができる。

彼女にとっては当然の気遣いで、社交辞令的挨拶なだけかもしれない。

でも、手書きのぬくもりってあるんだなぁと思う。

私もこんな小さな優しさを持てる女性でいたい。

それで思い出したけれど、

先週部屋の片付けをしていたら、いくつかの手紙が出てきた。

北米へ行く前のものであったり、北米滞在中のものであったり。

友人や家族からの手紙。

読み返すと胸がツーンとなる感じ。

なぜ母親は手紙を書くときは丁寧語になるんだろうか、謎。

友人達からの手紙はそれぞれに個性が出ていておもしろい。

メールや電話で世の中は随分便利になり、世界はどんどん近く狭くなっている。

でもときどきはこんな手紙のやりとりをするのもいいなぁと、

基本昭和女子の私は思う。

 

卒業式シーズンのため、街のあちこちで袴姿の女の子達を見る。

かわいい。多少おっさん目線で眺めたりしている。

あの頃の私は完全なベリーショートだったため、髪飾りもなにもできなかったなぁ。

もう少しお洒落してもよかったと、10年近く経って軽く後悔。

そろそろ桜が咲き始める。

満開の桜もいいけれど、

私は蕾の時期が一番好きだ。

あ、もうそろそろ開花するかな。

そんな状態を見て

ワクワクする。

|

« 現実直視と現実逃避の微妙なバランス | トップページ | 理由なんてさ。 »

日々のくらし、イベント。」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。