« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月25日 (水)

そこに愛情があるからこそ。

ここ最近の、この感情はなんだろうと考えていて、それが

『虚しい』

ということなんじゃないかと気づいて、一人納得してしまった。

2月ももうすぐ終わり。

毎日は、すんなりと過ぎていっているように思える。

だけど、このボストンでの生活の全てが、自分の将来に繋がっていないような気になることがよくあった。

仕事はビザが切れればそれまで、人間関係もきっと疎遠になっていく、北米での自分の生活には終わりが来て、また日本で全て新しく始めなければいけないんだなぁと、ふと思うとき、

ここでの全ての物事に対して、『虚しい』という感情を持ってしまう。

頑張っても、好きになっても、意味がないんじゃないのか、とか。

自分がただの1本の糸なら、生きていく間のいろんな事柄や人々というビーズを通しながら一つの輪を切れることなく作っていきたいけど、

今の私は小さな輪をいくつも作って、結局はばらばらなまま、完成もしないまま放置しているんじゃないかと。

この感情に気づいてしばし呆然としたものの、

気づけたことで少し楽にもなって、

1週間も経ってみれば、また前向きになっている自分がここにいたりする。

生活していく中で、開き直った付き合いなんてできないので。

自分のいる環境や、仕事や、人々に愛着が湧いてくるのは当然のことで、

そういったものを失うことを考えたとき、感情的になってる自分を虚しく思うことは当たり前だったりするんだ。

そこに愛情があるから、虚しさを感じたり、余計に寂しさを感じたりすると思う。

  

先週末、友人のバースデーパーティーで、ほろ酔いのまま話し込んでたら、

『SEASONS OF LOVE』が流れていて切なくなった。

日本の大好きな友人から知った私の大好きな曲、ブロードウェーで親友と初めて観たミュージカルの曲。

別にたいしたことじゃないけど、

ふと思う。

例えば

こんなふうに繋がっている。

 

二日酔いの近所の友人と一緒にブランチを食べる。

どうでもいい話をしながら、コーヒーを何杯も飲みながら、こんな日も幸せだねと言い合う。

ほら、

こんなことを日本の親友ともよくしていた。

例えば

こんなふうに繋がっている。

完全に切れてしまうことなんてない。

どこかできちんと1つの輪ができている。

場所や人が違っても、自分の感情さえ変わらなかったらどこまでも繋がっていく。

自分次第でずっと大切なものたちとは繋がっていられる。

そう思うことにした。

 

相変わらず自分の感覚にいちいち立ち止まって考えてしまうので、めんどくさい毎日だ。

暇なのか?

もう少し暖かくなったら走ろうかな。

 

Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes

Five hundred twenty-five thousand moments so dear

Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes

How do you measure, measure a year?

In daylights, in sunsets

In midnights, in cups of coffee

In inches, in miles, in laugher, in strife

In five hundred twenty-five thousand six hundred minutes

How do you measure, a year in life?

How about love?

How about love?

Measure in love

Seasons of love

 

Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes

Five hundred twenty-five thousand journeys to plan

Five hundred twenty-five thousand six hundred minutes

How do you measure the life of a woman or man

Remember the love

Measure in love

Seasons of love

Seasons of love

| | コメント (4)

2009年2月17日 (火)

おしりのアザと納豆

この週末は月曜祝日のため3連休。

久しぶりに日帰りのスノーボードへ行ってきた。

朝5時半のバスに乗って友人達といくボードに、なんだか学生時代を思い出してテンションがあがってたものの、

ボードに自分が全く向いていないことを改めて知った感じ・・。

自分にはバランス感覚っていうものが皆無なんだろうか。

これまで何度かスノーボードには挑戦してるけど、一向にうまくなる気配がない。

センスがないんだ、きっと。こればかりはどうにもなりません・・。

基本びびりなくせに調子に乗りやすいので、

あ、滑れてる!って思った瞬間にものすごい転び方をして、その痛さにへこむ、という繰り返し。

今回も雪が十分でなくて、あたりはアイスバーンだらけ。

けつパットなしで転んだら、その痛さでテンションが即効下がった。

まぁそれでも楽しんで帰宅したものの、

鏡で見たお尻には大きなアザが!

この年になって、バレンタインデーに、お尻にこんなアザを作ってていいんだろうか。

もっとやることあるんじゃないかとも思うが。

スキーもスケートもできないし、ウィンタースポーツは苦手なのかなぁ。

というか、スポーツが苦手なのか・・今更気づいてきたけど。

 

苦手といえば、最近ものすごい苦手が克服できた。

納豆。

年齢とともに味覚は変化するのか、ここ数年の苦手食べ物克服に関しては自分で素晴らしいと思う。

4,5年前まで全く生ものが食べられなかったのに、今では刺身が大好物になってるし、

昔嫌いだった、春菊や銀杏や豆腐も今では大好きだ。

そしてかなりの難関だった納豆もとうとう克服できた模様。

ここで生活しているとどうしても栄養が偏りがちだから無理して食べ始めたものの、最近は1パック一人で食べられるようになった。

「食べ物の好き嫌いをなくす」という目標達成に関しては自分を褒めてあげたい。

 

苦手と思ってたものの方が、意外にはまってしまったりすることがあるのかもしれない。

人に関しても、私は第一印象がイマイチの人の方が、最終的には深い付き合いになったりすることが多い。

初対面でつかみづらい印象の人のことを、もっと知りたくなってしまう。

めんどくさい好奇心と探究心。

その人の弱いところとか、かっこ悪いところとか、秘めてる想いを知ったときに、

ああ、この人もそうなんだなって思う。

みんな同じなんだなぁと思う。

言葉は心を伝えないので、とても難しい。

何かを言おうとして口に出した瞬間に、それは薄っぺらなものになってしまう。

だけど、その伝えられない部分の、その空間を流れる時間に

きっともっと大事なものが詰まってる気もするので、

やっぱり言葉は心を完全に伝えないほうがいいとも思う。

伝えられない部分を感じられたときに、

その人の本当の部分に触れる気がする。

だから第一印象を私はあまり気にしない。

これは良い第一印象を作るのが苦手な私の言い訳かもしれないけど。

| | コメント (6)

2009年2月 2日 (月)

SLUMDOG MILLIONAIRE

ボストンへ来て初めて映画館へ行った。

そもそも映画館自体へもずっと来てなかったと思う。

前回行ったのはいつだったのだろう?

 

『スラムドッグ・ミリオネア』

昨年の秋、トロント国際映画祭にて最高賞を受賞してから、数々の賞を受けてきた作品。

世界最大のクイズショーである「クイズ・ミリオネア」の最後の1問までたどり着いた主人公、ムンバイのスラム街で生まれ育ったこの少年が、どうやって全ての回答を知り得たのか、という物語。

脚本家は、私の大好きな映画「フル・モンティ」を手がけており、監督は「トレインスポッティング」のダニー・ボイル。

物語はテンポが良く、場面ごとに使われる音楽が素晴らしいと思った。

スラムにおける孤児達の受ける残酷な状況や暴力に目を覆いたくなる場面もあるし、

ストリートチルドレン達が懸命に生きていく姿に息が詰まりながら、過激なほどのインドでの貧富の差を改めて目の当たりにする。

でもそれだけではなく、パワフルな画面構成の中に、微笑ましいユーモアや、心苦しいほどの純愛も含まれている。

物語の中で、どうやって全ての答えを知り得たのかと尋問された主人公が言う。

『生きながら学んだんだ』

 

『スラムドッグ』は、日本語では『スラム街の負け犬』と翻訳されていた。

人は負けて負けまくっても、生きていかなければいけないし、食べていかなくてはいけない。

『負ける』というのは、人によって定義が違うかもしれないけれど、

ここでいうスラム街で育ってきた孤児たちは、悲しいけれど、『負け犬』と定義づけされてしまうのだ。

物乞いをする目を焼かれた少年が、主人公ジャマールに言う。

『僕らは同じなんだ。ただ僕の方が、君より運が悪かったんだろうね。』

 

物語はありえない設定かもしれないが、その背景にあるもの全ては今現在でも進行中の本物の世界。

日本では4月に公開されるらしいので、よかったら観てみてください。

http://slumdog.gyao.jp/site/index.php

 

久々に映画館に行ったら、(きっと大きなところに行ったからかもしれないが)シートのすわり心地に感動してしまった。

肘掛が上げられるので、カップル達は家にいるかのごとく抱きあって鑑賞している。

私は誰かと映画館に行くのが苦手だ。

大概誰かと映画館に行くと、自分的にイマイチなものを観てしまい、観終わった後にお互いなんだか気まずい感じになる。

高校の頃、デートで映画を見に行くというべたなことをしたら、なぜか『マディソン郡の橋』を選択してしまい、エンドロールを観ながら、「失敗したなぁ」と思ったのを覚えている。

あれからデートで映画館へ行くというのは、私の中では最後の選択になった。

でもあの映画は、高校の頃観たのが間違いだったわけで、10年後くらいに改めて一人で見たら、号泣してしまい大変だった。

観るべきタイミングも重要なのだ。

同じ映画でも、自分が鑑賞したときの状況とか、年齢とか、場所とか、誰と観たかということで感じ方が変わるから面白い。

映画の内容自体は変わっていないのに、自分自身が変わっていっているんだ。

だけど、随分昔から憧れる女性像は変わりがないようで。

それは、

『LE GRAND BLEU』のジョアンナだ。

彼女が物語の最後でジャックマイヨールにかける言葉に

何度観ても、

ただただ、すごいなぁと思う。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »