« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月25日 (金)

モントリオール&ケベック

デジカメをデスクから落としてしまい、

見事に壊れました。

ショックです。かなり愛着があったのに・・・。

トロントへ来て、いろいろなものを失くしたり、壊したり、盗まれたりしてるような。

MP3、デジカメ、ドライヤー、チャリのタイヤ、そしてこのパソコンも最近変な音をよくたてて固まるし。寿命でしょうか。

 

気を取り直して、旅ブログします。

かなり昔ですが・・去年の秋にモントリオールとケベックへ行ってきました。

モントリオールは英語とフランス語使用が半々くらい、ケベックに関してはほぼフランス語のみが使われています。

街並みもそれにあわせてかなりヨーロッパな雰囲気。

人々もトロントよりお洒落な様子。

モントリオール、ケベックともに2回目の滞在でしたが、やっぱり素敵なところ。

トロントに来る人達には是非足を伸ばしてほしい場所です。

まずは、モントリオール。

Pict0146  

といえば、有名なのがノートルダム大聖堂。

セリーヌ・ディオン(カナダ人です)が結婚式をあげたところです。

ステンドグラスから射し込む光が美しい。

 

Pict0154

Pict0157

旧市街は石畳で、花や緑にも囲まれ、散歩していて気持ちがいい。

毎年6,7月にかけては、国際ジャズ・フェスティバルも行われる。

1度行ってみたいけど、、その時期はどのホテルも値段が跳ね上がるらしい。

その辺はどこも同じ。

 

そして、列車でさらに北へ3時間、ケベックへ到着。

なんて可愛らしい街なんだろうと、来る度に思う。

城壁に囲まれた旧市街は、ぶらぶら歩いているだけで楽しい。

Pict0165

旧市街崖上のアッパータウン、テラス・デゥフランからの眺め。

 

Pict0172

旧市街崖下のロウアータウンには、狭い道沿いにお洒落なショップ、カフェが立ち並ぶ。

 

Pict0178

ジェラート屋さんの前には、こんな可愛らしいおっさんバイオリン弾きが。

足を踏み鳴らしつつの演奏。道行く人々も笑顔、そしてステップを踏む。

 

Pict0191

トレゾール通り。

通りでは常に画家達が自作の絵を販売している。

お値打ちなものも十分あるので、お土産におすすめ。

 

モントリオール、ケベックともに食事がおいしい!

お手ごろ価格でフランス料理も食べられる。

北米に来たけれど、軽くヨーロッパ気分を味わいたい人たちに是非オススメの街です。

特に、10月頃、紅葉の時期に列車で向かうと、モントリオール、ケベックまでの風景も楽しめる。

日本の紅葉もきれいだけれど、カナダの紅葉は・・・とにかく広大。

どこまでも赤、黄、オレンジ色が続く車窓からの景色。

前も書いたかもしれないけれど、私は列車の旅が大好きです。

 

今日も相変わらずいい天気です。 

仕事も辞めて、引越しも無事すんだら気が抜けたのか、即効体調を崩しました。

といってもただの風邪ですが。

基本的に、常に軽く気を張っていて、忙しくしているほうが健康でいられるらしいです、私。

なんだか悲しいような、そうでなきゃいけないような・・・。

 

5月はじめに友人を訪ねて南ドイツを旅してきます。

やっぱり列車好きな私は、はりきってドイツレイルパスも購入しました。

いっそのこと、ドイツから帰るまではのんびり、ゆったり、特に何もせず過ごしてみようかと思っています。

仕事とか、時間とか、お金とか、そんなものから一瞬離れようと思います。

たまってる本を読み漁って、積み上げられたDVDを鑑賞して、とりたかったヨガのクラスに参加して、手の込んだ料理を作って、図書館で時間をつぶして、、そんなことをしてみようと思います。

そしてアメリカビザの準備もついでに?・・・はじめなきゃなと思います。

リラックス&次へ進むための準備期間です。

とても素敵に言えば充電期間っていうやつです。

今、私は、ぎゅーっとひざを曲げて縮んでます。そしてびゅんと跳ね上がれればと思います。

日本で毎日忙しく働いている皆様、、申し訳ないです。

| | コメント (1)

2008年4月19日 (土)

"A song dedicated"

朝は希望に満ちて

夜は人知れず泣いた

何処か遠くの君へ

どうかその足を大地へ

答えのない争いも

答えだらけの明日も

欲しいのはそれじゃなくて

傍にある愛を感じたい

 

君一人、この僕は

安らぎさえも手渡せないけど

力の限り この場所で

歌い続け 君に届け

 

悲しみに溺れないで

夢の続きを描いて

何処か遠くの君へ

名も知らない君へ

散り散りなこの世界で

生きている僕らは

ただ一つ、ただ一つの

傍にある愛を感じたい

君一人、この僕は

安らぎさえも手渡せないけど

力の限り この場所で

歌い続け 君に届け

 

この声よ 届け You fly so high

どこまでも 飛んで行け Over the sky

今想いが far away

風に乗る

愛を感じてほしい

 

君一人、この僕は

安らぎさえも手渡せないけど

力の限り この場所で

歌い続け 君に届け

 

君一人、この僕は

安らぎさえも手渡せないけど

力の限り この場所で

歌い続け 君に届け・・・

~ song by Pushim ~

   

私がこのトロントへ来る前に友人が作ってくれたCDの最後の曲です。

何度も何度も完全に覚えるほど聴きました。

 

今日はとても暖かい(というか暑い)。

昨日で旅行会社を卒業して、ひとり街をぶらぶら。

そして次のバイトを見つけるべく、履歴書配り開始。

そして今週末3度目となる引越しを間近に荷造り。

半年ごとに仕事と家を変わってます。

相変わらず不安定な日々。変動する日々。変化する私、そして周りのもの、人たち。

 

自分にも誰かに安らぎなんて手渡せる日が来るのだろうか。

欲張りな私は、安らぎも刺激も両方ほしい。

あれもこれもと手を伸ばした結果、得るものはたくさんあるかもしれないけど、

中途半端になっていないかな。

一つでもいいから確実な何かがほしい。

そんな風に思うこのごろ。

・・・楽な生き方なんてないってことです。

 

明け方、本当に久々に昔の彼の夢を見ました。

友人の時期と、付き合ってる時期と、その間?の時期を含めたらちょうど10年間お互い近くにいたことになります。

10代後半の不安定で、将来も全く見えない時期から、

そして20代後半になってもまだ不安定で、将来も見えず、そして自分勝手な私と

一緒に過ごしてくれた人。

思い出せばきりがないほどの思い出を共有。

あー、こんな人だったな、と。目が覚めて、少しだけ彼のことを想いました。

そしたら、A song dedicatedが流れてきたのです。

 

今月、結婚式をあげる彼に、幸せになってほしいって心から思える。

ま、私が何といおうが、間違いなく幸せな家庭を築くのでしょうが・・・。

明け方少し切なくなった心が、昼間の暑さで溶けてきました。

私も幸せになりたい。

というか、ほんとに小さなできごとにも幸せを感じられるような、幅の広い人間でいたい、と思うのです。

では、、今日は金曜だし、暑いし、早速解禁したパティオでビールでも飲んできます!!

| | コメント (8)

2008年4月 5日 (土)

春の決意。

今週あたりから春らしくなってきました。

日中は10度近くまで気温が上がっているみたいです。

それにしても日本人は桜が好きですよね。

友人から何枚か桜の写真が送られてきました。

私も最近は、

友人達との花見バーベキューやら

相方と歩いた木曽川堤防沿いの桜並木やら

以前カナダにいたときに送られてきた桜のしおりやらを思い出して

ノスタルジックな気分に浸ってみたりしてます。

・・・・花見がしたくて軽く中毒症状がでています。

日本人の四季の移り変わりに対する感情というのは特別だと思うし

失いたくないものだと思います。

 

話が変わって、

昨日は支店長とさし飲み。

支店長といっても同い年で、気を使いあうこともなく、

私としては同期に対する気持ちに近い感じの人です。

かなり穴場的なコリアンパブを見つけたので、そこをいつもの場所としています。

 

昨日感じたこと。

やっぱり私は旅が好きです。

そしてその好きなものを扱っているこの仕事が好き。

人はよく趣味と仕事を別にしたほうがいいというけれど、

私は別々になんてあまり考えられない。

自分にとって全く興味のない商品を扱う仕事は

いくら給料がよくても働けない気がする。

そうやって割り切れるのなら、今頃私はもう少し裕福に違いない・・・。

旅行会社なんて、全く地位も名誉もない仕事だし

給料だって低いし

それなのに忙しいし。

旅なんて夢のある商品なのに

実際は値段ばかりに目がいくお客さんがほとんど。

 

けれど、昨日支店長と話していたら

やっぱりこの仕事が好きなんだと思った。

たった1度の旅が自分の価値観をまるごとひっくり返してしまうこともある。

住むことと旅することは異なるけれど

旅人として見るその場所なんてほんの一部かもしれないけれど

それでも何の気なしに訪れた場所で

家族の大切さや

平和の難しさや

幸せの定義や

自分の無力さや

そんなものを考えさせられることがあるはず。

少なくとも私は、これまでしてきた旅でそんな経験をすることがしばしばあった。

どういう生き方を幸せって言うんだろう、なんて旅をしている最中ずっと考えてたこともあったっけ。

私の仕事なんて結構誰にでもできることかもしれない。

でも旅が人を変える可能性の大きさを思うと

その目には見えない可能性を自分は扱っているのかもしれないと

おかしなプライドすら湧いてくる。

不思議なもんです。

そんなわけで昨日は遅くまで支店長と、愚痴やら、弱音やら吐きながら

それでも最後はプライド持っていこうよと励ましあって別れたのです。

格安の航空券から、トロント近郊への小旅行、南米・ヨーロッパ放浪の旅まで

扱う旅はさまざま。

扱う客もさまざま。

そしてその旅が人に与える影響力は計り知れない。

その大きな可能性の末端に今の自分の仕事があるのなら、それは誇れることだと思う。

そう思っていたい。でないと、やってられない・・・。

 

この仕事はあと2週間で卒業です。

約5ヶ月間、いい経験をさせてもらったと思っています。

支店長からずっと打診されていた、1年間アメリカ支店で働くという話。

ビザはなかなか取りづらい状況だけれど、やってみようと思う。

日本にも帰りたいけれど、今目の前にアメリカで働けるチャンスがあるのなら、

挑戦するだけしてみようと思います。

相変わらず給料安いし、忙しいし、一人でまた新しい場所へ行くのは怖いけれど、

挑戦するだけしてみようと思います。

日本の家族や友人や大切な人たちがもう少し気を長くして待っててくれると信じて、

挑戦するだけしてみようと思います。

ビザがとれなかったら、それこそ真っ直ぐ笑って夏に日本へ帰国します。

春もくることだし、決心をしました。

怖いけれど、揺らぐ気持ちはもう持たないようにします。

覚悟を決めたら、あとは流されるまま動くだけでしょう。

とてもシンプルです。

| | コメント (4)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »