« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

カントリー・ロード

日本では春一番が吹いたとか?

こちらは今日もまた冷え込んでます。

今晩はマイナス20度くらいになってるらしい。

・・春よ、来い。ほんとに来い。

 

先週は、日本から前の会社の後輩が遊びに来てくれたり、

近くまで出張で来た友人がわざわざトロントへ来てくれたり。

そんな訪問が今の生活にとても新鮮で、エネルギーをたくさんもらいました。

ここ最近は日本にいたときと変わらない会社生活を送っていますから。

朝8時半~19時頃までフルタイム出勤。

海外でこの落ち着きは感謝すべきだとも思うのだけど、マンネリしがちなので。

  

元後輩とはひたすらよく話しをして、おなかが痛くなるほど笑って。

真冬のナイアガラへも行ってきました。

晴れたので思ったよりも寒くなかったけれど、やっぱり凍っていた!

何度となくナイアガラには訪れているけど、冬に見るナイアガラもまた趣がある。

Pict0395

・・・なんだか、写真だとイマイチ伝わらず。白いのみ・・。

明るくてよく笑う彼女と一緒にいて、最近の寒さやなんやらで固まりかけてた気持ちがほぐれた気がする。

ありがとう。

 

長年の友人とは、おいしい食事やお酒を味わいながらゆっくりまったりと時間を過ごす。

久々に再会しても、会ってすぐに自然に話しができる。

そして、変に気を使わずにいろんなことを素直に言える。

こういう関係は貴重なものだと思う。

ギリシャ料理をたっぷり食べた後は、お気に入りの公園を散歩。

雪の積もった斜面では子供達がいっせいにソリですべってはしゃいでいる。

そんな状況を見ながらぼんやりする時間。

Pict0423

・・・うーん、やっぱり写真だとイマイチ。そして白い。

空気が透き通ってて、寒さでじんじんする指先をポケットの中であたためながら、

鼻水なんかお互いたらしながら歩く。

なんだか癒される。

来てくれてありがとう。

ここへ来てもうすぐ1年が経とうとしてるけど、日本から何人もの人たちが私に会いに来てくれた。ほんとシアワセものです。

 

なぜかここ数日あたまから離れない曲。

『カントリー・ロード』。

うちの支店長は一時期この曲を無意識にさびの部分だけひたすら口ずさんでいたらしく、

奥さんがかなり心配していたらしい・・・。そりゃそうだろう、なんか寂しい歌詞だし。

 

カントリー・ロード 

この道 ずっとゆけば

あの街に つづいてる

気がする カントリー・ロード

 

ひとりぼっち おそれずに

生きようと 夢見てた

さみしさ 押し込めて

強い自分を 守っていこ

 

カントリー・ロード

この道 ずっとゆけば

あの街に つづいてる

気がする カントリー・ロード

 

歩きつかれ たたずむと

浮かんでくる 故郷の街

丘をまく 坂の道

そんな僕を 叱ってる

 

カントリー・ロード

この道 ずっとゆけば

あの街に つづいてる

気がする カントリー・ロード

 

どんな挫けそうなときだって 

決して 涙は見せないで

心なしか 歩調が速くなっていく

思い出 消すため

 

カントリー・ロード

この道 故郷へ続いても

僕は 行かないさ

行けない カントリー・ロード

カントリー・ロード

明日は いつもの僕さ

帰りたい 帰れない

さよなら カントリー・ロード

(「カントリー・ロード」 本名陽子) 

 

Country Roads take me home

To the Place I belong

West Virginia mountain momma

Take me home Country Roads

 

Country Roads take me home

To the Place I belong

West Virginia mountain momma

Take me home Country Roads

Take me home Country Roads

Take me home Country Roads

(「Take me home, country roads」 Bill Dannoff,Taffy Nivert and John Denver)

 

カントリー・ロードはそのままの意味で、きっと故郷という場所へ

連れて行ってくれる道だろうけど、

大切な人達も、少し話すだけで

私の気持ちだけでも、まっすぐとそのまま故郷へ戻らせてくれる。

この道はずっとなくしたくないと思うのです。

| | コメント (10)

2008年2月17日 (日)

頂点。

ついこの間キッチンから見た朝焼けがきれいすぎたので

とりあえず文章に残しておこうと思います。

 

といっても写真を撮るような余裕もなく

眠たさにぼーっとする頭に前触れもなく目に入ってしまったので

ここで載せられる画像は何もないのですが。

朝焼けも夕焼けも毎日繰り返されるものなのに

滅多に見れていない気がするのは、なぜでしょう。

それだけ日々の生活で気にもとめてないからですかね。

気にもとめていないことが結構重要で素晴らしいものだったりする。

そんな物事が多すぎる毎日です。

 

朝焼けにしろ夕焼けにしろ

本当に美しくて、輝いて、まぶしいのはほんの一瞬ですよね。

だけど個人的には

夕焼けのあとに広がる、オレンジから紫に徐々に変わっていく

夜の始まりみたいな空の色が好きです。

 

どんなことも

頂点の美しさは一瞬だろうけど

その前後に流れる時間だって

それなりの美しさがあったりする。

健康しかり、恋愛しかり、仕事しかり、きっと同じ。

頂点が美しくて、短いものだと分かってるから

それを目指して向かっていたいとも思うけれど

頂点を過ぎたからって、終わりじゃないとも思う。

その余韻を楽しんで次に進めればいいと思う。

そう考えれば、どんな時だって、今のこの状態が頂点だって思える気がするし。

一般的に、客観的に見た美しさの頂点は同じでも

個人の思う頂点はそれぞれだろうから。

初めて歩いた瞬間、片思いが切ない瞬間、最終面接に受かった瞬間。

成人した瞬間、夜を過ごした瞬間、昇進した瞬間。

別れの瞬間、再会の瞬間。

いろんな場面での頂点。

それぞれにきっと美しい。

   

なんだかきれいな朝焼けを見たらそんなことをふと思ったので

とりあえず文章に残してみました。

思いつくままに文章を書くのは結構気持ちいい。

たいして読み返さないまま、更新逃げします、えいっ。

| | コメント (8)

2008年2月11日 (月)

教えて。

この3,4日は、ずっっと雪が降り続けてました。

スキー場みたいになってます。

ま、でも山が全くない平らな土地なので滑れないけれど。

 

去年から3年日記を書き始めました。

毎日2,3行書く程度の短い日記帳。

9日に、ふと上の段に書いてある去年の2月9日の日記を読んだら、

ちょうど、前の職場を退社した日でした。

月日の経つ早さを改めて実感。

自分の意思で退社を決意したのに、退社日が近づくにつれて、

会社という組織から離れる怖さを感じたのを思い出しました。

組織の中で働くということに、ストレスや不満や疑問を感じていたはずなのに、

いざ離れるとなると、その組織の中で築いた人間関係や、自分なりのやりがいや、会社の中での自分の位置みたいなものを失うのが、寂しくて怖かった。

 

この間、友人と話しているときに、「今のカオリや私の立場を、自由でうらやましいって思う人もいるかもね」、と言われました。

自由ってなんでしょうね。

私は、世に言う「自由人」なのかしらん。

組織から離れて、なるべく自分の生きたいように進んでいくのは、自由人なのかな。

その分、組織から離れる不自由も知ってしまったけど。

なんだかんだ言って、組織や団体の不可欠さも知っているけど。

悠々自適に自分勝手に気の向くままに生きてる人。

会社や組織を頼っていない人。

お金に困らず、好きなものを好きなだけ手に入れてる人。

家族も持たず、物も持たず、仕事もお金も持たず、街角で小銭を乞う人。

周りに溢れまくっている金や、物や、人間関係や、そんなものから離れて生きていくことが自由なのかな。

もしそれが自由というなら、私は自由人に、大して魅力を感じない。

 

自由な人っていうのは、きっと何が自由なのかわかっている人で、

絶対にどこへ行っても逃れられないいろんなしがらみやら、なんらかの限られた場所の中で

自分の思う自由を生きている人なのかもしれない。

 

・・・なんだか、また考えがぐるぐるまわって分からなくなりそうです。

「自由の定義」の分かる人、教えてください。

質問のある人は明日の朝礼までにまとめて提出するように。

自信をもって答えられる人は、その人こそ自由人です。

何が自由か分からず、束縛されることから逃げている反面、その束縛が恋しくもある、

エセ自由人の私とは違うと思うよ、きっと。

| | コメント (5)

2008年2月 1日 (金)

それゆけ、みんな。

久々に顎に吹き出物ができました(ニキビとは呼べない年齢・・・)。

毒素が溜まっております、私。

 

今日は片道1時間以上かけて、郊外のジャパニーズマーケットまでビラ配り。

帰りのバスを待っている間、雪にさらされ、自分はこの寒さのなか何をしてるんだと自問。

オフィスに戻ったら、また、「なんか~、あったかいところに行きたいんですよね~」と

適当すぎる旅行計画で来た女子客達の接客にはまる。

自分達が行くんだろ!いつ、どこへ行きたいかぐらい決めてこいよ!と叫びたくなる気持ちを抑え笑顔で接客し、疲労困憊。

・・・そりゃ毒素も溜まる。

 

仕事後は、久しぶりに再会した方と一緒にギリシャ料理、そのあとはアイリッシュパブで飲み。

ライブ音楽も素敵で、マルチカルチュアルなトロントならではの夜の楽しみ方を満喫。

これで毒素も少しは発散できたのか。

いや、アルコールで間違いなくさらに蓄積している気もする。

 

今日、営業ついでに日本人経営のパン屋さんで見つけて即買ってしまったもの。

Pict0380_2

 

そうだ うれしいんだ 生きる よろこび

たとえ 胸の傷がいたんでも。

なんのために生まれて なにをして生きるのか

こたえられないなんて そんなのいやだ。

 

そうだ うれしいんだ 生きる よろこび

たとえ 胸の傷がいたんでも。

なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ

わからないままおわる そんなのいやだ。

 

時ははやくすぎる 光る星は消える

だから 君はいくんだ ほほえんで・・・・。(アンパンマン歌詞より)

 

アンパンマンかっこいいぜ。

だって、おなかが空いてる子に自分の顔を食べさせてあげるんですよ。

そして自分はふらふらです。

まさに無償の愛です。

私は与えられてばかりです。

どちらかというとドキンちゃんです。

 

だけど、私も、胸の傷が痛んだって、その分なにかを感じていたい。

知らないまま過ぎるなんて、

わからないまま終わるなんて、

そんなの、いやだ。

だから、なんだか、もがいてばかりです。

きっと周りの人たちもそうなんだろうけど。

だから、それゆけ、私。それゆけ、みんな。

| | コメント (8)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »