« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

ワラエレバ的2007年

もう1年を締めくくる時が来てしまいました。

毎年思いますが、なんて時間が経つのは早いのでしょうか。

 

28日に仕事納めをして、元旦までの4連休となりました(休み短いです・・・)。

・・・そして連休初日にいきなり体調崩しました。

友人とチャイナタウンへ年末年始の食材を購入しに出かけた最中、

急激な悪寒に襲われ、そのままダウンしました。

それでも、さすが自分。

1日中眠り続けたら今日は復活。

恐るべき回復力。

あの寒気と熱はなんだったんだろうか。

 

今日は気を取り直して、一人年末気分。

主婦です。

洗濯して、家中掃除して、和食作って。

こんな過ごし方も良い。

大掃除ってとても素敵な日本の習慣だと思います。

あと半年しかこの部屋にいないのに、

すみずみまで磨いて、軽く模様替えまでしてみました。

半年しかいないのに・・・。

こんな意味のないことが結構好きです。

 

夕方にビール片手に遅い昼食をとって、

軽い満足感とともに

今は快適な部屋でまったりしてます。

ジコマンってやつです。

 

私は毎年年始に目標を10個たてるようにしているのですが、

そのうちのですね、、、、なんと4つしか達成できていません。

特に、体力面と、学力面が達成できず。

環境の変化や、栄養の偏りで体調を崩すことが多かったし、

TOEICもまだ1度しか受けてませんが900点には届かず。

机に向かって勉強していない自分が悪いのですが。

 

2007年を振り返ったときに、

まず自分自身から言えば、環境の変化がもちろん1番大きく、それなりにやりたいと思ったことを挑戦できた気がするし、その場その場で自分の力を出そうと努力できたと思います。

でも環境の変化に甘えて、腰を据えて何か1つのことに取り組むことはできていなかった。

私は、もっと頑張れると思う。

ほぼ毎日チェックしている人のブログがあるのだけれど(全く知り合いではないのだが・・・)、

この間、そのブログを見て、その人の頑張りやまっすぐさに刺激を受けすぎてしまい、

ベッドに入っても当分眠れなくなってしまった。

私は、まだまだ頑張らなければ、と思う。

 

私の周りの環境で言えば、2007年は、純粋で、まっすぐで、熱い人達に囲まれていたな、というのが印象。

彼ら彼女らは、

自分のやりたいことや、好きなことや、好きな人のために、まっすぐ進んでいる。

または、まだ自分のやりたいことがわからなくて、その中で必死にもがいている。

どっちにしても、かっこいい人々です。

必死な姿を見せるのが、昔はなんかかっこ悪く思えてたけど、

今はそういう人たちをかっこいいと思う。

熱いぜみんな。

私ももっと熱い女になりたいです。

 

日本から離れて、家族や、親友や、元同僚や、そんな人たちのことをより一層恋しく思った1年。

日本にいても感じていたけど、ここへ来てもっと感じたこと。

人は所詮一人なのだ、という実感。

それに気づいていることは素敵だと思う。

そして、それを素直に口や態度にだせることも、人間臭くて素敵だと思う。

私の周りの人たちは、自分は一人だとみんな気づいていて、

だからより一層、一緒にいるときに、思いやりあえるし、甘えられるし、またそれぞれの時間を尊重することもできる。

彼らの言葉や行動に胸を打たれたことが何度もあった2007年。

なかなか・・・いい1年でした。

そして遠い日本から、

自分勝手な私を温かく見守ってくれた家族。

遠くカナダまで会いに来てくれた親友。

頑張ってる姿を見せつづけてくれた元相方。

夢を実現して刺激を与えてくれた幼なじみ。

励ましのメールや電話をくれた大切な人たち。

出会い、別れあり、泣いたり笑ったり、やっぱりでこぼこな年でしたが、またしてもいろいろな人たちからいろいろなものを与えられた1年でもありました。

私も何かを与えられる人間になりたいです。

 

年末を迎え、一人熱くなってしまいましたが、ま、とりあえず締めくくりです。

31、1日は日本だろうが、カナダだろうが、年越し蕎麦食べて、お雑煮食べて、へべれけになります。

・・・かっこ悪いな。

 

なりたい自分の理想像は多々ありますが、まだまだ発展途上の私です。 

今年も皆様から多くの援助をいただきました。ありがとう。

良い年をお迎え下さい。

| | コメント (4)

2007年12月25日 (火)

28歳のクリスマス・イヴ

一人でブログ更新してますが、なにか?

 

FMから1日中流れ続けるクリスマス・ソングのなか仕事をしてたら、

軽く寒気がしてきました。

風邪かな?と思ったら、頭もぼんやりしてきたので、定時きっかりに終わろうと思ってたのに、

クローズ間際に来店したゲイカップル客にはまりました。

ついてない。

 

がらがらに空いた地下鉄に乗って帰宅したら、

今日に限って(というか今日だから?)誰もルームメイトがおらず。

一人で黙々と調理して晩御飯。

今まで生きてきた中で、イヴに家族にも友人にも恋人にも囲まれず一人で食事をしたのは初めてです。

ある意味、貴重な体験。

どれだけビールに手を伸ばそうとしたことか。

そこを、気力で我慢してみました。

しらふで一人のイヴに向き合ってみようと。

私は、強い子ですから。

 

でもシャワーも浴びて落ち着いてしまい、やることがないので

友人に電話してみました。

彼女は、、、

一人で肉じゃがを煮込んでいた、このイヴに。

私の電話で今夜がイヴであることに気づいたらしい。

・・・強し。

敗北感を味わう私。

お互い、「私達、壁を越えたよね」と称え合って電話を切りました。

イヴなんて、しょせん前日さ。

とりあえず今夜は一人でキャンドル灯してムード満点のなか、

司馬遼太郎でも読み続けてみます。

イヴに歴史小説を読み耽る女性は少ないだろうし。

ある意味、貴重な体験。

 

   

それで明日は、ホームパーティーします。

だって、一人じゃ寂しいから。

 

・・・全然強くなんてないじゃん、私。

誰かに囲まれていたくてしかたないんだ。

クリスマスだって、正月だって、いつだって、

大切な人たちと一緒に過ごしたい。

いろんな時間を共有したい。

 

そんなことを再確認できただけでも、

きっと、意味のある28歳のクリスマス・イヴです。

強がりに聞こえるかもしれないけれど。

| | コメント (2)

2007年12月17日 (月)

日曜朝に思考をめぐらせてみる。

外は猛烈な吹雪です。

なんでも今年の冬は15年ぶりの寒さになるらしい。

 

・・・聞いてません。

なぜそんなあたり年に敢えて来てしまったのか。

友人から、「マイナス10、20度のときに外でアイス食べてみてよっ。あったかく感じるのか試して!」と他人事メールがきましたが。

あったかいはずない。どれだけ好奇心旺盛でもそれはムリです。

でも今日はどうしてもあたたかい料理が作りたくて、そして来週分の弁当を作りおきしておきたいのに材料が揃っておらず、

この吹雪の中、朝からスーパーへ行ってきました。

ルームメイトの弟に「今、外へ出たら死ぬよ!」と言われたけれど、

勇敢にもその制止を振り切って出かけてきました。

 

・・・遭難しかけました。

視界が狭いし、ふかふかの雪のため足があらゆるところで埋まるし。

でも街はとっても静かでした。ところどころで車がゆるやかにスリップしているくらいです。

 

極寒の中、さらに驚くことに、数日前、新しいルームメートがインフルエンザにかかったまま引っ越してきました。

引っ越してきた当日から部屋で寝込んでます。

間違いなくうつる気配満載です。

それでなくても毎年もれなくインフルエンザにかかってるっていうのに!

街中では、今、フルショットといって、ショッピングセンターなどで無料でインフルエンザの予防注射を受けられるそうですが、

日本人の友人3人は、その注射を受けた夜に揃って3人とも熱を出したそうで・・・

ただより怖いものはない。

でもカナディアンはみんな受けているようなので、ここは受けてみるべきか、と

恐怖心と好奇心との間で揺れています。

ある意味、冷静と情熱の間で揺れています。

 

全く話は変わりますが(というか「揺れている」という言葉で思い出したのだけれど)、

最近、日本の友人から、結婚をしたり、結婚を決めたり、結婚を考え始めたり、結婚に焦ってみたり・・・といった話をよく聞きます。

そんな時期なのでしょうか。

年齢的にも、季節的にも、環境的にも、いろんな意味で。

ちなみに私は全くの独り身になってしまっているので、、結婚を考える以前の段階ですが・・(あ、なんか寂しさ漂った感じになってしまった)。

年齢を重ねるにつれて、個人差はあるにしろ、恋愛をすることに躊躇しがちになる気がするのは私だけでしょうか。

誰かを好きだと感じて、もっと知りたい、近づきたいって思うことは素敵だし、いつまでも失いたくない感情だと思う。

自分の感性を大切にして、この人だ!と思ったときに動く瞬発力は常に持っていたいと思う。

でも、そんな瞬間はめったにないし、

それがうまくいったところで、ただ「一緒にいたい」という気持ちだけではどうもうまく続かないことにも気づいているのです。

誰かから特別に想われたいのなら、自分も同じくらい特別に想っていたいけれど、

特別な人がいることで助けられることもたくさんある分、責任もともなう。

私の人生がかけがえのないものであるように、相手の人生もかけがえがない。

ちょっと重いかもしれないけれど、最近はそうやって深く考えてしまう。

大切な人を大切にしていきたいっていうシンプルなものなのに、

言ってしまえば、誰かの人生を思いやれるほどまだ自分自身に余裕がない。

そんな状況なんだろうと思う。

中途半端に相手の人生を思いやるくらいなら、別れたほうがいいのでは。

という自分勝手な考えと、ばか正直な思考で相手を傷つけてしまうこともあり・・・。

そして私自身は婚期を逃しているという、最近笑えない状況。

ほんと笑えないなぁ、、なんて思いつつ、

こんな私を飲みに連れ出して話を聞いてくれる友人がいて、

疲れてるときにふと笑わせてくれるルームメイトがいて、

快適に働かせてくれる同僚と職場があって、

ときには?食事に誘ってくれる男性もいて、

ま、そんな感じで人に恵まれて過ごしているので、

私もなんとか支えられて生活してます。

相手の人生を自分の人生と同じように分かち合って、一緒に将来を見つめていくような特別な人はまだできないし、持ってしまう怖さもあるこのごろ。

こんな考えをここでぶちまけたら、「めんどくさ・・・」と思う男性もいるでしょう・・・。

ま、揺れて迷って考えて、、たしかに自分、めんどくさいなぁと思うのだけど。

あの人のことを、もっと大切にしておけばよかった、と今になって後悔してみたり。

だからといってやり直せるものでもなく。

なかなかうまくいかないものですね。恋愛は一人ではできない、当たり前だけど。

 

とりあえずはフルショットを受けるかどうかという選択で揺れております・・。

人生は選択の連続だ。

選択には責任がともなう。

フルショットを受けて熱を出すのも、自己責任。

恋愛するもしないも、自己責任。

ちっちゃなことから大きなことまで・・・なんかドキドキしてきますね。

リラックスするためにこれからあたたかいスープでも煮込みます。

煮込んでいくうちに、私の複雑になってしまった思考もほぐされますように。

| | コメント (12)

2007年12月 3日 (月)

寂しさを雪投げで吹き飛ばす子供たち。

雪まみれで帰宅して、疲労困憊でブログ書いてます。

昨日今日は1日中ヨガティーチングクラスがあって疲れてるっていうのに、

夕飯食べたばかりだっていうのに、

そして精神的にまたセンチメンタルになってたっていうのに、

コサック帽のルームメイトに、雪の中ムリヤリ夕食に連れて行かれて、そのあげく近所の公園で闘って投げられ続けました。

本気で闘ったのに負けた。全力で闘ったのにな・・。

テコンドーの選手に勝てるはずないか。

全身ヌレネズミです。

でも大声出して、走って、笑って、雪の中で倒れてずぶぬれになったら少し気分が晴れました。

・・・子供ですか?

 

今日、ラビが母国へ帰ってしまいました。

ま、2ヶ月後に戻ってくるのだけれど。

トロントで1番身近な存在とも言える彼と2ヶ月も会えないのはかなりこたえる。

 

一人寂しく魚焼いて、ほろ酔いになってたら、家の火災報知機が作動してしまい大家に軽く怒られて・・。でもてんぱってる大家を見て笑えました。

そのままルームメイトにひきずられて外に連れていかれてヌレネズミ。

調子に乗ってマイナス気温の中買ったアイスを、まだ魚臭いキッチンでもりもり食べる。

・・・子供ですね。

ルームメイトは強引でときどきイラっとする弟だけれど、今日はまたセンチメンタルになりかけてたので連れ出してくれて助かったのかもしれません。

彼も彼なりになにかとストレスがあるようだったし。お互い様かもしれません。

    

そんな私が、2週間前から期間限定でOLになってます。

ピタパンを卒業したのです。

ラビがピタパンを売って経営者が変わってしまったため、そして私も運よく次の仕事が見つかったためです。

日系の旅行会社で3月半ばまでの4ヶ月間フルタイムで働くことになりました。

支店長と面識があったため、スタッフに空きがでるということで声をかけてもらいました。

OLといっても、外回り(ビラ配り)、接客、電話応対、雑用、、全てやらなきゃいけないのです。しかも給料安いし。

北米では1番支店数の多い旅行会社ですが、トロント支店はスタッフも5名ほどしかおらず名前も知れていないため、先週3日間はほぼずっとビラ配り。

トロントの語学学校や、留学センター、日本食レストラン等をまわってました。

遠いところもあって、一人でダウンタウンから片道1時間くらいかけて、小さな日本食料品店のオーナーに会いにいったり・・・。

ま、トロントで頑張っているいろんな日本人に会えるのは楽しいですけど。いろいろと話を聞いてくれる人もいるし。

日本食料品店で働いてるおばちゃんが、いかにも日本のおばちゃんで(三角巾に割烹着・・)、ビラ渡しついでに思わず豆腐を買ってしまいました。

郷愁の念にひたっている私に、

「はい、10セントのお釣りね」。

・・・いっきに海外にいるという現実に引き戻されました。

もう少しひたらせてほしかった。

 

会社のスタッフは個性的な人たちが集まってます。旅行業界って変わった人達が集まるんでしょうか?前の職場も個性溢れていたので・・。

支店長は同い年。1年半前にトロントへやってきて、すでにここで妻子持ちです。できちゃった婚が珍しくもなくなっている時代ですが、ちょっと多すぎやしませんか?もう少し気をつけようよと思うのは私だけですか?

他のスタッフも、移民女性や元秘書や健康オタクなどがそろってますが、全員一致で毒舌すぎます。そして全員一致ですでに結婚してるか、婚約してるか、二股かけてるか・・。

大丈夫か?私。

冬も本格的になり、より一層人恋しくなっているっていうのに。

・・・ま、それはさておき。新しい職場で覚えなきゃいけないこともたくさんあるので、

期間限定ではあるけれど、できることをできるだけ頑張ります。

がんばれ、私。

 

うーん、このヌレネズミ状態のせいでまた風邪ひきませんように。

・・・あ、そしたらまたあの怪しげなよく眠れる薬をあのコサック帽にもらえばいいのか。

そんなこんなで気づけば12月に入っていることを今再確認。

時が経つのはほんとに早い。

大人になるにつれて思考は何かと慎重になったり、変に冷静になってしまったり。

そのくせ行動はまだまだ子供で。

扱い辛い年頃ですね。

がんばれ、私。

| | コメント (14)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »