« 「るつぼ」の中の私。 | トップページ | 「るつぼ」の中の私②。 »

2007年5月26日 (土)

「そういうものに わたしはなりたい」

バイトの旅行記事の締め切りが迫っているにもかかわらず、なぜかブログの更新を先にしております。

この「締め切り」という言葉に脅かされる日々が隔週訪れるかと思うと、かなり気が重い・・。

    

母からのメール。

とうとう祖父に携帯電話をプレゼントしたそうです。

父の日も近いということで。

80歳間近の祖父。

無事、携帯を使いこなせるのか疑問です。

      

「尊敬している人は誰ですか?」という問いに、昔はうまく答えられなかった。

でも、今は、きっと迷わず、「祖父です」、と答える。

祖父は農家に生まれ、尋常小学校を卒業後はすぐに家業を手伝い、戦争を経験し、家族を作り、戦後の高度成長期に必死で働き、そして今は多くの孫に囲まれた、質素で平凡な男性です。 

 

読書を好み、私が幼いときは、しょっちゅう昔話や神話を聞かせてくれた。

家にいないと思うと、近くの畑に座って読書をしている。

食事は絶対に残さない。

毎日仏壇にお経を唱え、献花もかかさず墓参りをする。

俳句、短歌の会を開催し、日々の生活をうたっている。

彼の口癖は、

「何事もほどほどが一番。頑張りすぎちゃいけない。」

誰よりも頑張って生きてきた人が言う言葉だから重みがあるのだと思う。

 

私が同じく尊敬する祖母が2年前に癌で亡くなった。

働き者で、我慢強く、いわゆる古き良き時代の象徴のような祖母は、癌が末期になるまで周りに体の不調を知らせなかった。

祖父は入院した祖母を毎日見舞い、身の回り全ての世話をし、休んだほうがいいという私たちの言葉にも耳を傾けなかった。

祖父は、

「今、彼女の世話をすることが僕の生きがいだから。」と笑って言った。

祖母が亡くなったときも、

「おばあちゃんはしっかり者で、僕のようにのんびりは生きていない。我慢して頑張りすぎてしまった。何事もほどほどが一番、僕みたいにね。」と言って、また笑った。

 

世界の貧困に目を向けたり、地球温暖化を憂いてみたり。

人種差別を非難したり、テロ撲滅を唱えてみたり。

そんな大きなことの前に、目の前の家族を大切にすることが一番なのかな、と気づかせてくれるのは、祖父のいつものこうした一言です。

自分の家族を幸せにできない人に、日本も世界も幸せにはできないだろう、という気持ちになったりする。

 

そういえば、尊敬する祖父母を表しているかのような有名な詩があったっけ。

 

「雨ニモマケズ 風ニモマケズ

雪にも夏の暑さにも負けぬ丈夫な体を持ち

欲はなく 決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを 自分を勘定に入れずに

よく見聞きしわかり

そして忘れず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ほめられもせず

苦にもされず

そういうものに わたしはなりたい」

 

明日は祖母の2周忌。でこぼこな生き方をしてる私を心配して見守っててくれるかな。

母からのメールで少し感傷的になってしまいました。

 

はっ、締め切りが近かったんだ。

私はまだまだ「ほどほどでいい」なんて状況にはなれない。最大限でやっていくしかない・・・。目の前の生活をしていくので精一杯。

派手な生活にも憧れるし、いろんな国にも行ってみたい、まだたくさんの人とも出会いたい。お金だってほしいし、素敵な仕事にもつきたい、お洒落なレストランで食事をしたい。

でも、いつか、祖父のように、祖母のようになりたいと思う。家族を作って、幸せにする。

シンプルだけど、すごく大切なこと。それをやり遂げた人達。

そういうものに わたしもなりたい

と、思うのです。

では、、シンプルに、とりあえず原稿書きに励みます・・。

 

|

« 「るつぼ」の中の私。 | トップページ | 「るつぼ」の中の私②。 »

我思う。」カテゴリの記事

コメント

シンプルになるためには、きっとそこにいくまでのプロセスでいろんな経験を経て、辿り着くものなのかもしれない。

今回のブログでそんなことを感じました。


>物事を明るく受け止めて、ひたむきにに頑張れる人は、なにを選んだとしても、結局、「これを選んでよかった」と笑うのだから。


上記のような人間に、俺もなりたいといつも思っています。

投稿: hirotax | 2007年5月27日 (日) 17時59分

お久しぶりです!なかなかコメントできずすいません。。最近は気を抜くとすぐ寝ちゃうんです^^;

素敵なおじい様ですね。ちょっとほろりときてしまいました。家の祖父(10年ほど前に他界)は怖い人だったので、怒られた思い出のほうが多いですが、戦中、戦後の困難な時代を生き抜いた祖父がいなかったら今ボクもいないわけで、年々尊敬の念が出てきてます。

あと、前々から思ってたんですが、すっごい文章がお上手ですよね!文を書く勉強してたんですか??

投稿: Makoto | 2007年5月27日 (日) 19時35分

うんうん。すごくわかります。

投稿: →hirotax | 2007年5月29日 (火) 03時18分

あら、久々コメントありがとう!忙しそうだねぇ。仕事は落ち着いてきたん??
文章はジコマンでだらだら書いてるだけだよ。。お恥ずかしい限りです。ただ、ものを書くのが好きなのは、きっとおじいちゃん譲りなんだと思う。これからもちょくちょく覗きにきてねん。

投稿: →makotoくん | 2007年5月29日 (火) 03時21分

おばあちゃんの亡くなる前のこと、入院中のこと、いろいろ思い出しました。おばあちゃんが入院中意識も朦朧としている中で何度も言ったこと、お母さんを助けてあげてねって言葉は、思い出す度に胸が痛みます。きっと一家を支えていくってことは並大抵のことではないんだろうね。どんなにつらい事があっても家族のために乗り越えていかないといけないもんね。ほんとに感謝しないといけないなと思います。。そんな苦労を乗り越えてきたからこそおじいちゃんのあの風格があるんだろうね。仕事で少々凹むことがあってもそんなんでへこたれてちゃいかんね。。もうちょっとがんばってみようかなと思ったりしやす。

投稿: 咲良 | 2007年5月29日 (火) 09時12分

めっちゃ感動…。
しかも文章とゆうか伝えるのがすごい上手くてうちはかなりの口下手やからほんとに羨ましいっ。
いつもブログ読んで一人で共感したり納得したり前向きなパワーもらって元気づけられてますっ。
うちもまだまだのんびりとは落ち着けないけど、目の前にある一つ一つの壁も前向きに乗り越えていけるように頑張ろうと思います…!!
ひたすらダンスばっかりの常連さん達のパワーに負けず(笑)あの素敵な笑顔で皆を癒しつつ、ピタパン頑張ってねっ!!

投稿: chizu | 2007年5月29日 (火) 09時19分

素敵なおじーちゃまおばーちゃまがいるのね。
よっしーはとってもシアワセ者ね。
それに気がついてるってことが、またシアワセだね。
ゆっくりぼちぼち、よっしーらしい素敵な家庭をつくってね。

投稿: ながえ | 2007年5月29日 (火) 12時25分

さすが我が妹。
仕事大変だろうけど、ほどほどにがんばんなね。ためこまないように。いつでもメール下さい。
看護士の妹が家にいて、私はとっても安心です。
いろいろ大変な父母をよろしく。

投稿: →咲良 | 2007年5月29日 (火) 12時31分

ありがと。
さっきは愚痴聞いてくれて助かりました。
ちづの頑張りは私がよくわかってるから!!
お互い似たような環境、前向きにいきましょ!
またパティオで飲もうねっ。てか、、、私はすでに一人ワインでほろ酔いでございます、、先走ってごめん。

投稿: →chizu | 2007年5月29日 (火) 12時34分

はい、シアワセ者です。
今は、一人生活にいっぱいいっぱいですが、いつかは!ながえさんみたくシアワセ家族を築くつもりです!
またアドバイス下さいねっ。

投稿: →ながえさん | 2007年5月29日 (火) 12時39分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「るつぼ」の中の私。 | トップページ | 「るつぼ」の中の私②。 »